AGA治療をしてくれる病院【貴方の頭皮を守るドクター】

笑顔

気になる薄毛の原因

男性

AGAは非常に厄介な脱毛症で、男性ホルモンが活発な男性に多いとされています。男性ホルモンが変化する事によって通常、一定のリズムで頭皮が薄くならない様になっているヘアサイクルが崩れて薄毛になってしまうのです。この現象は、男性ホルモンの1種であるテストステロンがジヒドロテストステロンに変化する事で髪の毛の成長期から退行期、脱毛までの期間が短くなってしまうのです。成長期は通常数年あり、しっかりと髪の毛が成長してくれるため、簡単に抜けたりはしません。しかし、成長期が1年程度で止まってしまうAGAの場合は成長の途中段階でまだ髪の毛が細く抜けやすい状態なのです。そのため、多くの髪の毛が抜けやすくなってしまい、薄毛やハゲなどの症状に悩まされてしまうので注意しましょう。男性ホルモンの変化が原因であるAGAは市販の育毛シャンプーや育毛剤では殆ど効果を発揮せず育毛や発毛に失敗してしまいます。このように、ホルモンなどが原因の場合は専門の医療機関で医師と共に治療を行なっていくのが良いとされています。専門の医療機関であればホルモンの変化を抑える薬を処方する事も可能ですし、一人一人に合わせた治療が行なえる様になっています。専門の医師であればしっかりと髪の毛が抜けてしまうメカニズムなどを解明して治療を行なってくれるので、自分ではわからなかった原因などを検査などで解明してくれます。問題は様々ですが、根本的にAGAの治療を行なうのであればホルモン治療をしっかりと行なう病院を受診しましょう。

薄毛による問題

男性

薄毛の悩みは一般の病院やAGAの専門クリニックなど相談できます。どこの病院でもプロペシア錠が処方されます。プロペシア錠は一日一錠飲むだけで薄毛の進行がストップするAGA治療の内服薬です。個人輸入サイトでも購入できます。

詳細を確認する

かっこいい九州男児へ

頭

薄毛でお悩みの方は福岡県には沢山います。そういった方は、agaの外来のある病院に行くか、aga専門クリニックに行ってみると良いでしょう。お医者さんが親身になって話を聞いてくれるはずです。

詳細を確認する

フサフサでおおきに

髪の毛

髪の毛の少なさは人から自信を奪ってしまいます。そういった薄毛のことをAGAと言って、その要因は様々です。大阪にはそういったAGAの専門クリニックがたくさんあるのです。

詳細を確認する